住宅とカレンダー

アメリカの不動産は早めに購入した方がいいのかも?

もしかしたら、アメリカの不動産は早めに購入した方がいいのかも?(特に住宅ローンを引く方は、、)

昨日2日間のFOMCが終了し、FRBの以前からのハト派姿勢に変更がないことが確認されました。

マーケットは織り込み済みでほぼ無反応でしたが、このブログの話題はもう少し中長期的なお話で、

「モーゲージローン金利は、もしかしたら今後は上がっていくのかも!?」

というもの。

8月下旬にパウエル議長が宣言したように、FRBは2%のインフレ率は上限ではなく、平均で2%を目指すというのをFRBは今回も声明で確認しました。

インフレ率は現在1~1.5%くらいですから、仮にインフレ率が上昇し2%を越えても、平均で2%くらいになるまでは、金融政策は引き締めません。ということ。

でもFRBが政策金利として誘導しているのは、基本的には短期金利。

長期金利(例えば30年固定のモーゲージ金利)はマーケット次第。

以下の米国10年債のTIPS(Treasury Inflation Protected Securities)は期間10年の実質金利を表しています。

(出所:Federal Reserve Bank of ST.LOUIS)

現在約マイナス1%!

もしFRBの潤沢な資金供給や米国政府の財政政策が功を奏して、インフレ率が上昇してくれば(または将来のインフレ率の上昇をみんなが予想するようになれば)中長期のイールドカーブはそれを織り込んで立ってきますよね(10年超は特に)

FRBは2023年までゼロ金利を続けるといっていますが、それは短期金利で住宅ローン金利はもしかしたら、早めに上昇に転じてくるのかもしれません。

(だから将来のイールド・カーブ・コントロールにまだ含みを残しているのかも、、)

関連記事

  1. 家賃支払いのモラトリアム

  2. COVID-19のサインに赤いバッテンマーク

    コロナ禍での外出規制、アメリカ不動産取引はどうする?

  3. アメリカ 不動産 モーゲージ金利

    2018年9月アメリカの不動産はモーゲージ金利の上昇でブレーキが!?F…

  4. Stay Homeのイメージ図

    アメリカ不動産価格の下落リスクは?

  5. 家を購入したい夫婦とエージェント

    カリフォルニア州の不動産価格が10%以上上昇!?

  6. iBuyer アメリカ 不動産

    「iBuyer」ついにアメリカ不動産取引にもAIが活用される時代が

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PICK UP

  1. アメリカ不動産投資セミナー

    アメリカ 不動産投資 セミナー

SPECIAL POST

  1. 不動産投資とは

    アメリカ 不動産投資
    不動案投資とは ~その1~
  2. 最新情報

    アメリカ 不動産 モーゲージ金利
    2018年9月アメリカの不動産はモーゲージ金利の…
  3. 最新情報

    iBuyer アメリカ 不動産
    「iBuyer」ついにアメリカ不動産取引にもAI…
  4. 米国移住

    アメリカ 移住 不動産
    子供の教育目的が意外に多いアメリカ移住と米国不動…

ARCHIVES